意識して行動する

毎日、幸せについて探究しています。

検証の続きです。

私の一日の行動を『目標達成の為の行動』と『快楽の為の行動』に別けていたら、どちらでもないと思われる行動が、意外に多かったということです。

今日は、そのどちらでもない行動をどうしたら良いかを考えてみました。

朝から、自分のしている行動をひとつひとつ意識してみると、惰性でしている行動がたくさんありました。

この無意識な行動が多いと、充実感や心地よさをあまり感じないので、幸福感を感じないのではないでしょうか。

つまり、自分の一日の行動ひとつづつを、充実感を得る為なのか、リラックスする為なのかと意識してすれば、幸せになりやすいということです。

例えばテレビを見るという行動に、『この番組を楽しむ』とか、『リラックスする為』とかの目的を持ってしまうのです。ただ何となく見るのではなく。

そうやっていくと、私の人生の意義はわからないけど、今の私の行動には意義があると思えて、ちょっと充実感が得られます。

自分の行動に意識を向けてみましょう。

広告を非表示にする

幸せとは関係無い行動?

毎日、幸せについて探究しています。

今日も仮説の検証をしています。

今日考えていたのは、その行動は私にとって『目標達成の為の行動』か、それとも『穏やかな生活の為の行動』かということです。

例えば、私が今している『ブログを書く』という行動は、私にとっては『目標達成の為の行動』です。楽しいですけど、努力も必要ですし、私なりに目標もあるからです。

仕事についても『目標達成の為の行動』でしょうか。多少の制約の中で、自分にできる努力はします。仕事とはそのようなものだと思っています。

ところで、自分の中でよくわからなかったのは、『食事の支度をする』とか『洗濯物をたたむ』とかの所謂家事の位置付けです。

家事をすることに幸せを感じられる人もいらっしゃると思うのですが、今の私は『やらなければ、いけないこと』という位置付けです。

さて、これはどうしたら良いのでしょう? 強引にでも幸せを感じるようにするべきか? それとも、『幸せとは関係無い行動』というカテゴリーを作るのか?

でも、もしかすると、この『幸せとは関係無い行動』が多いから、不幸ではないけど、幸せとは言えない状態なのかもしれません。

改善策としては、この行動を減らすか、それとも、その行動にも幸せを感じるようにするか、さもなければ、目標を設定して、日々達成感を得るか。

何となく、日々達成感を得ることが私にはむいていますかね。

ではこれからは、出来るだけ惰性でやらないように、目標意識を持ってするようにします。

仮説の検証

毎日、幸せについて探究しています。

幸せがどのようなものか、その全体像の仮説が自分なりにできたので、今日からその検証をしています。

幸せとは、イヤなことを排除するだけではなく、快楽の追求だけでもなく、願望の実現だけでもありません。

色々なことが『層』になっているので、一層づつ重ねていって、その人なりの幸せが完成します。

目標達成だけなら、ひとつのことに集中することも大切ですが、幸せになるには、集中する時間と緩む時間が必要です。 

穏やかな日常を求めるだけなら、何もしない方がいいのですが、幸せになるには、人とかかわり、何か目標を持って行動をおこさなければなりません。

暫くは、この実験をすることが、私の習慣になるようにしていきます。

広告を非表示にする

幸せは多層になっている

毎日、幸せについて探究しています。

最近になって、また幸せの全体像の捉え方がかわりました。新しい考えは、幸せは多層からなっているということです。

まず、一層目は『苦痛ではないという状態』。それほど不幸ではないと自分でも自覚はしています。でも自分からは幸せですとは言えない状態です。

二層目は『心地よい状態』。快楽と言っても良いのかも知れません。大盛り上がりなこともあるし、穏やかな時間もある。一般的に『幸せ』という言葉から連想される状態はこの状態です。ただし、この状態は長く続くものではありません。

三層目は『充実した状態』。自分が進むべき方向に向かっているという手応えが感じられる状態。この結果として何かを手に入れることができたり、何かを為し遂げることができたら、究極に幸せでしょう。ただ、本当に好きなことをしていたら、結果はあまり関係無いのかもしれません。

その他に『達成した瞬間』というのもあるのかもしれませんが、時間的に『層』なのかは、まだ分かりません。

このように考えると、それぞれの層で、自分の幸せについての捉え方があるので、自分の幸せが見えやすくなると思います。

一日の最後は幸せな気分で

毎日、幸せについて探究しています。

勤務時間が終わっても、頭の中が仕事のことを考えていて、興奮していることがよくあります。

この状態でベッドに入ると、なかなか眠ることができません。答えの出ない問題を延々と考えることになります。

なので、このような時は意識して平静にならなければなりません。瞑想が上手く出来れば良いのですが、私は考えないということは諦めて、考えることをかえることにしています。

『このことは、今、考えることではない』

『今、考えるべきことは幸せについて』

これだけで、最近は寝不足になることが減りました。

一日の最後は、幸せなことだけを考えて、ニヤニヤしながら眠りにつきましょう。

目標をうまく設定する。

毎日、幸せについて探究しています。

自分の価値観や本来の願望がわかってきました。まぁ、毎回わかったと思ったら違っていたということの繰り返しですが。

ただ、自分が何者かということばかり考えていても、幸せにはなれません。何か変化をおこす為には、行動が必要なのです。

その行動をおこす前に、行動計画を作成します。良い変化をおこす為には、目標をうまく設定しなくてはなりません。

いくら素晴らしい目標でも、『1年後に大富豪になる』とか『アメリカの大統領になる』とか、可能性がほとんどないような、無謀な目標をたてる人はいないと思いますが、自分にとってどのくらいの目標が良いのか、難しいところです。

でもここで戦略的に目標を設定しておけば、行動をおこしやすくなります。

目標を短期と長期に分けるとか、そのような技術的なことは、自分の性格によると思います。

自分にとって行動がおこしやすく、その行動を続けやすい目標を設定しましょう。

達成までの過程も楽しむ

毎日、幸せについて探究しています。

昨日、私の幸せの要素に『達成感』があると書きました。今日はそのことについて考えていました。

私の場合、本当に好きなことなら、達成した瞬間は勿論幸せなのですが、そこに至るまでの時間も、とても幸せなのです。

他の人には無駄なことに見えるかも知れないのですが、自己満足なのです。

資格マニアの人っていますよね。あまり役に立ちそうもない資格を沢山取られる方。

正直、以前の私にはあまり理解できませんでした。『それで収入が増える訳ではないでしょ』って。

でも、私自身のことをよく考えるようになった今は、何となく分かる気がします。

もしかすると、明確な目標の為に頑張っている過程が、楽しいんだろうなって。資格の取得って達成感がありますものね。頑張ったご褒美が分かりやすいのです。

私もその傾向があるのかもしれません。ただ、私はケチなので、自分にとって無駄なことはしません。(笑)

自分が幸せになる為に、本来の私の望むことを明確にして、それに集中して行動をおこす。それが達成したら次の目標。それを繰り返して成長したいと思います。