心を落ち着かせる訓練

毎日、幸せを修練しています。

 

今日は朝から『ソワソワ』しています。

 

その原因はわかっているので、今日はこれを利用して『心を落ち着かせる訓練』をしてみようと思います。

 

まずは、意識的に呼吸を深くする。

 

次に、思考を止める。特にソワソワの原因については考えない、もしくは冷静に紙に書くなど論理的に考える。

 

そして、何より意識して落ち着こうとする。

 

つまり、負の感情を抑えるには、意識して落ち着こうとすることが大切ということなのですね。

調子が良い時こそ

毎日、幸せを修練しています。

 

このところ、少し調子が上向いてきています。ただ、こんな時だからこそ、調子に乗らない、勘違いしないように、意識的にブレーキも踏むようにしています。

 

以前だったらアクセルを踏み込んでましたけどね。加減がわかってきました。

 

感情の揺れ幅を穏やかにすることが、実は一番の幸せなんだと思うので、調子が良い時にこそ、上げすぎないようにすることが大切なんだと思います。

 

無駄なエネルギーを使わない

毎日、幸せを修練しています。

 

思考は莫大なエネルギーを使います。そしてそのことがわかっているのに、毎日エネルギーを消耗しています。

 

では、どうすればエネルギーの無駄遣いを無くせるのでしょうか。

 

一番良いのは、過去や将来のことを出来るだけ考えず、その時に考えるべき最低限のことだけに集中するということでしょうか。

 

思考の悪循環を無くして、エネルギーが無駄に使われることがないようにしたいと思います。

目立たないこと

毎日、幸せを修練しています。

 

どうしても他人より秀出ようとしてしまいます。

 

目立ちたいというのか、自分の存在をわかって欲しいということのか。

 

自分の価値観の問題なのでしょう。ひっそりとしていても、良いことはないと思っているのですね。

 

さて、『目立たないこと』と『認められること』と、私はどちらが幸せなのでしょうか。

後光がさすことを目指す

毎日、幸せを修練しています。

 

宇宙に存在するものは、すべて量子力学で説明出来るらしいです。

 

難しいことは解らないのですが、私達人間の肉体も精神も全ては波動で出来ているのです。

 

では、常にその事を意識して、自分の波動を良いものにしていきたいと思います。

 

特に敏感な人でなくても、近くにいる人の波動というのか気分というのは、感じますよね。

 

イライラとか、イヤな雰囲気とか、焦りとか。

 

そういうことを、外に発信しない人になりたい。

 

目指すは、そこに存在するだけで『後光がさしている』ような人。

 

まぁ、目標は高くということで。

 

さて、修練しましょう。

必死にならない

毎日、幸せを修練しています。

 

以前の私は常に必死でした。余暇であるはずの旅行でさえ、楽しむというよりは『こなす』という感じ。

 

最近はこれが軽減されたと思います。自分の思いや計画通りに事がはこばなくても、それほど拘らないでいられます。

 

これって、私のような性格の人には、簡単には出来ないことで、意識して努力することが必要です。

 

でも、その努力によって、少しは心が穏やかでいられます。

 

必死にならない

 

これも大切なことです。

幸せの責任は自分にある

毎日、幸せを修練しています。

 

人生は本来ニュートラルなものなんだと思います。そこに起きた事象に意味付けするのは、自分自身です。

 

つまり、自分に起きた事象に対して、幸せなこと、不幸なこと、と区別するのは自分なのだから、幸せの責任は自分にあるということです。

 

一般にいう負の事象は、誰にでもおこります。ただ、それに対してどのように自分が解釈するか、拘るかということなんだと思います。

 

まずは今おかれた環境で、精一杯生きることに集中しようと思います。