読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標に集中し過ぎない

毎日、幸せについて探究しています。

このところ、幸せになる為の目標について考えています。

私は完璧主義なので、『完璧な目標』『完璧な行動計画』がなければなかなか動くことが出来ないようです。

例えば、『綺麗になる為に、体重を○○㎏にする』という目標をたてると、無理なダイエットをします。

絶対にその体重にするのですが、ダイエット中は、精神的にとても辛いです。本来の『綺麗になる為に』の部分は忘れています。

目標に集中し過ぎて、今をないがしろにしてしまいます。これではいけません。

『綺麗になる為に』なら、今も綺麗でいれるようにしなければいけません。『○○㎏になる』までの過程においても、綺麗でいられるようにするのです。

そして、私のような完璧主義者は、完璧な目標にこだわりすぎないようにしましょう。綺麗になる為には、痩せることだけが方法ではないかもしれません。

いずれにしても、毎日を幸せに過ごすことが、幸せになる為の正しい方法です。

幸せになる為の目標とは

毎日、幸せについて探究しています。

何か新しいことを始める為に、私はまず、机の上を片付けてみました。きちんと椅子に座って机に向かい、幸せになる為の目標について、もう一度考えてみました。

考えてはみたものの、思いつくことが、幸せになる為というよりは、成功する為の目標になってしまいました。

そこで、考え方をかえてみます。

私は今の生活で、何が不満なのでしょうか? 何を変えれば、もっと幸せになれるのでしょうか?

その『何か』を変えることが、幸せになる為の目標です。全ては、今が基準です。遠い未来に起こる偶然ではありません。

目標の為に出来る行動を、今から始めましょう。そして、その行動を習慣にするのです。決して考えることを習慣にするのではありません。

宝くじが当たりますように、って祈ることを習慣にしても、幸せにはなれません。(笑)

どこかの国の王子様と幸せな結婚する、っと目標をたてて、部屋の中で妄想しているだけなら、それは目標ではありません。(笑)

幸せになる為に、何かしらの行動が必要で、その行動が、自分が幸せになる正しい方向へ向かっているかを示すものが、幸せになる為の目標なのです。

習慣になるようにするには

毎日、幸せについて探究しています。

昨日、幸せになる為にすることを習慣にしましょうと書きました。また、習慣にすることは難しいとも書きました。

さて、では私はどうすれば良いか。暫くそのことを考えてみました。

自分の理想の生活とは? どんなライフスタイル? ファッション? ビジネススタイル?

あれこれ考えていたら、ドヒャッと、本の山が雪崩をおこしました。

あぁ~、そういえば今年の目標の一つは、本の山を整理することだったと、今更ながら思い出しました。

何となく、見えない力の存在を感じました。何かのお告げでしょうか。

冷静になって、辺りを見まわせば、机の上には仕事の資料や化粧品が置きっぱなしで、暫くパソコンも立ち上げていませんでした。

これでは、何か新しいことを始める体制になっていませんよね。

習慣にするとは、それが自分の生活に溶け込むことです。自分の目指す目標も、今、自分と一体化していなくてはいけません。

そうでないと、幸せな人生の目標は、いつまでたっても、絵空事になってしまいます。

私の場合は、まず理想の生活を今から体験する為に、環境を整えることから始めます。

幸せになる為の毎日の習慣

毎日、幸せについて探究しています。

幸せになる為の行動や思考を、毎日の習慣にしてしまうと、継続することが出来ます。この継続することがなかなか難しいのです。

幸せになる為に毎日することは、夜寝る前にすると良いと思います。目を閉じてから、あ~でもない、こ~でもない、と考えなくなります。

幸せになる為の行動や思考が習慣になり、自分の身に付けば、常にそのように行動し思考することができるようになるでしょう。それまでは、意識して毎日行います。

では何をするか。

まず、今幸せになることをする。その時に、負の波動を発していると感じたら、それを解消することをし、少しでも良くなることをする。

具体的な方法は人によって違うと思います。

自分の方法を見つけて、習慣にしてみましょう。

波動を良くすることが必須

毎日、幸せについて探究しています。

仕事が忙しいと、どうしても悪い方へ思考が向いてしまいます。このところは『焦り』について考えていました。

その為か、その日にあった幸せなことを書き出すことを疎かにしていました。まだちゃんと習慣になっていないのですね。

幸せになる為に、自分の悪いところを直すことに意識が集中し過ぎてしまい、今幸せになることを忘れていました。

まずは、毎日自分の波動を良くすることをし、それから、その時発している負の波動を解消する。

その時、負の波動を発していないと思ったら、そのことは考えずに、心地よくなることだけをする。

今、波動を良くすることを最優先にして、それでも負の波動を発していたら、それを取り除くことに集中する。

これを毎日の習慣にしようと思います。

意識することが大切

毎日、幸せについて探究しています。

このところ、いろいろなことに悩んでいます。『執着を手放すこと』『焦らないこと』、これらのことがどうすれば出来るようになるのか。

心理学の本や成功本には、呼吸法や瞑想等、いろいろなことが書かれていますが、どうも納得がいきません。

そこで自分を使って人体実験をしています。

その実験による一つの仮説として、いきなり『執着を手放す』『焦らない』とするのではなく、何故私は執着してしまうのか、焦ってしまうのか、その原因まで分解して、そこから始めなければいけないのではないかと考えてみました。

ある意味、これは私の癖を矯正することなので、相当な意志の力が必要です。

何かを変えようとする時は、変えようとすることに意識を向けなければなりません。

まずは、何を変えるのかを意識してみることから始めます。

広告を非表示にする

自分の感情を言葉にする

毎日、幸せについて探究しています。

今日は、私の仕事において感じる感情を観察してみました。

よく観察してみると、私が感じている感情を言葉表すと、『焦り』でした。『不安』とは少し違うんですね。

『出来なかったら、どうしよう』ではなく、『ちゃんと、早く終わりにしなきゃ』っていう強迫観念です。私を苦しめる言葉は『ちゃんと』と『早く』だということもわかりました。

冷静にやれば、特に問題はない仕事でも、期限が決まっていたり、面倒くさい仕事は、始める前に軽いパニックのような精神状態になります。

期限がまだ先でも、今やらないといけないと『焦って』しまい、その感情を家に持ち帰りたくないので、残業してまで、早く終わらせます。

ここで私が気付いたのは、『焦り』は仕事をしている時に感じるのではなく、始める前に感じているということです。

私がこの不快な『焦り』から解放されるには、仕事以外の時間に仕事のことを考えないということでしょうか。

でも、どうしても考えてしまうから、早く終わりにしたいのですけどね。

あとは『終わらない仕事はない』と開き直ることでしょうか。

まぁ、この件については、これから検証してみます。

いずれにしても、今日、私が感じていることが『焦り』であるということが分かっただけでも、今はスッキリしました。敵の姿が見えたって感じです。