日々訓練

毎日、幸せを実践しています。

 

最近つくづく思うのですが、常に幸せな状態でいるようになるには、相当な訓練(修行)が必要です。

 

いっそのこと、出家して強制的に俗世間から隔離された方が楽なのではないかと思ってしまいます。

 

でも、この俗世間の快楽も捨てられないので、仕方ないです。

 

俗世間において、常に幸せな気持ちでいる為には、意識の持ち方が大切になります。

 

先ずは自分の課題を意識して、日々生きて行くことが必要になると思います。

 

 

自分にとって常に最善

今あなたは、何かを選ぶ決断をしなければならなくて迷っていますか?

どっちの人と結婚したら幸せになれるか

内定を複数もらったけど、どの会社を選べば良いか

子供ができたら、キャリアは諦めるべきか

そろそろ転職した方が良いか

等々。

何かを選ばなければと、頭の中で、あ~でもない、こ~でもないと悩みすぎて辛くなっていませんか?

挙げ句の果てに、自分では決められないから、占いに頼りたくなったり、誰か決めてくれないかなぁと思ったりしていませんか?

そうです、選択するのは大変なことなのです。


ところで、私たちは選択をする時に、何故迷うのでしょう。

それは失敗を怖れているからです。

特に、自分の一生を左右するであろうと思われる仕事や結婚については、尚更迷いが生じます。

失敗したら、人生が台無しになるのではと不安なのです。


もしあなたが、よく考え抜いた結果の選択なら絶対に失敗しない、と確信しているのなら、大いに迷って悩みましょう。

それもあなたの人生に必要な学習なのかもしれません。

でも私の経験上、よく考えた選択が成功するというのは、正しいことではありません。

『自分自身がした選択は、自分にとって常に最善』というのが正しいのです。

そう、何を選択しても、あなた自身が決断したことならば、あなたの人生にはそれが一番良いということなのです。

悩んでも、直感で即決しても、結果は全て最善です。

あっちを選んでも、こっちを選んでも、どちらを選んでも最善なのです。

この最善は、自分が夢見ていた理想とは違うかもしれません。

でも大局的に見れば、あなたの人生にとっては最善なのです。


私はこのことを自分の経験から体得しました。

これまでの全ての私の選択の結果が、今の私です。

人はそれぞれ性格も環境も違いますし、あなたが私と同じ体験をすることはないでしょう。

だから、私が体得した経緯については、正直どうでもよいことです。

あなたが生きたいように生きれば良いのです。


最悪なのは、自分のことを自分で決断せずに他人に責任を負わすことと、失敗を怖れて何も選択しないことです。

あなたが選んだことを精一杯やれば、世間的にはそれが失敗であるように見えても、あなたの人生には必要で最善なことなのです。

さぁ、迷っていないで自分を信じて決断しましょう。

#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

不快な思考は早く止める

毎日、幸せを実践しています。

 

私の思考は、私を常にストレス状態にしたいようです。ストレスになることを、わざと作り出すとも言えます。

 

なので、このところ私がしているのは、不快な思考になったら、それを出来るだけ早く止めるということです。

 

不快な思考がわき出なくなることって、あるのかなぁ。修行が足らないのかしら。

完璧主義を卒業できました

毎日、幸せを実践しています。

 

一日も休まずに書き続けていたこのブログでしたが、ゴールデンウィーク中に一日アップし忘れていたことを、今気付きました。

 

何故そうなったのか全く記憶がないのですが、まぁそういうことのようです。

 

このブログ、家族が救急車で運ばれた日も、病院のロビーで書きました。

 

その位、書き続けることに執着しているのですけど。

 

以前の完璧主義な私だったら、『どうしょう、どうしょう』ってパニックになり、完璧に出来なかった言い訳を考え、姑息な手を使ってでも、その日に書いたようになる方法を考えるところです。

 

そして最後に『こんな完璧じゃないブログ、やめてやる~』ってなっていたでしょうね。

 

でも今はそんなことはありません。ゆる~く生きております。

 

完璧なことより、私は幸せを優先します。完璧主義を卒業できました。

生きることは修行

毎日、幸せを実践しています。

 

って、幸せを実践しているのですけど、じゃあ、実践って何?、となると説明が難しいです。

 

ただ言えることは、何もせずに、のほほんと生きていると、人は幸せを実感することは出来ません。

 

幸せを感じる感性を養わなければいけませんし、不幸になることを排除しなければなりません。

 

そう、生きることは修行なのです。

 

日々その修行(トレーニングかな)をして、精進しなければ、幸せにはなれないのです。

不幸なことを排除する

毎日、幸せを実践しています。

 

自分の思考の癖を検証していて、あることに気付きました。

 

『幸せでいるには、幸せになる為に何かをするのではなく、今、不幸だと感じることを排除した方がよい』

 

ということです。

 

例えば、『今より自由になれば幸せになれる』と思うなら、『今、不自由だと感じることを無くす』ということです。

 

『何も考えない』というより『考えても仕方ないことを考えるのを止める』って感じ。

 

不幸でない状態が、幸せなんだと気付けば、幸せが実践できます。

 

方向性が見えた

毎日、幸せを実践しています。

 

今日は、なんとなく自分の方向性が見えました。

 

最近は特にストイックな生活をしていて、頭の中は『こうあるべき』ということに固執していました。

 

でも、頭の中の『こうあるべき』よりは、目の前のことを淡々とやって生きることが大切なんだと思い至りました。

 

日々、分かったと思ったり、分からなくなって悩んだりの繰り返しですが、少し悟った気がします。