読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が好きですか?

貴方は自分のことが好きですか?
私は私のことが大好きです。(笑) 

勿論、容姿や性格の欠点はたくさんありますよ。自分でもよくわかっています。でも、そのことを含めて私は私なのですから。

幸せになるために、自分を好きでいることは、とても大切なことです。まずは肯定的に自分を認めることが、幸せへの第一歩です。

自分との付き合いが一番長いのは自分です。自分のことを一番よく知っているのも自分です。そんな自分のことを愛し、信頼してあげてください。

たとえ他人から否定されても、自分を受け入れ、全てを許してあげてください。

私は子供の頃から『誰々のようになりたい』と、他人に憧れたことがありませんでした。まぁ、私が米倉涼子さんの容姿だったら、人生が違っていたかもしれませんが、幸せになっていたかは分かりません。

今の私が私であるのは、この体で、この性格だからです。(威張っても仕方ないですけど(笑)) 素晴らしいじゃないですか。

もし、貴方が自分のことが嫌いでも、少しでも自分を愛してあげてください。親や友人に酷いことを言われても、そんなことは無視して、自分を好きでいてあげてくださいね。

そこから幸せが始まります。

今までの実験結果Ⅱ

毎日『自分を実験台』にして幸せを探究しています。(笑)

今日は、ここまでの実験結果を皆様にシェアします。

今月になって、私に予期せぬ嫌な事態がおこりました。毎日幸せになることだけに集中していた私にです。

その時は、神様は何て理不尽なことをするのかしらと思いました。正直このブログも止めようとしました。

でも、私は書くことで自分の考えを整理することを選びました。何故なら私は自分の考えを書き残すことに喜びを感じることがわかっていたからです。

と言うよりも、そんな時こそ書きたい衝動にかられてしまったのです。

今回の報告は、この事態に対することで、分かったことです。

その事態を経験する以前の私は、幸せなことだけを毎日考えていれば、人生は常に幸せな状態でいると、どこかで『期待』していました。自分の思考が、自分の望むことだけを引き寄せるだろうと短絡的に考えていたのです。

ところが、人生には望んでいないこともおきるのです。

その時の私は、どう対処するかよりも、負の感情でいっぱいになってしまいました。人生に幸せなことだけを『期待』し過ぎていました。

あのことを乗り越えて分かったのは、人生におこる出来事に対して、たとえそれが自分の望まないことや想定外のことであっても、前向きに対処することが良い、ということです。

不幸といわれることの中にも、幸せになれることを見つけるようにするのです。

自分におこる問題は、必ず自分で解決出来ます。解決出来ないことは、おきないのです。

そして、それを乗り越えることで、成長し、高いステージに上がっていけるのです。

今回このことが、私の人体実験の結果から分かりました。(笑)

広告を非表示にする

望みを明らかにする

幸せになるためには、自分の望みが何なのか、明確にわかっていたほうが良いと思います。

カーナビで検索する時、目的地がハッキリしていれば、簡単に探しだすことが出来きますよね。そしてその指示に従って車を走らせれば、目的地に簡単に辿り着くことが出来ます。それと同じです。

目的地がハッキリわからなくても、大体の方向がわかれば、まぁ近くまで行ってみて、そこから考えることも出来ます。少し時間はかかりますが、その行程も楽しいかもしれません。

一番困るのは、なんでもいいやって思うことです。どちらの方向へ一歩踏み出せば良いかすら分かりません。今より幸せになりたければ、少しでも今いる地点から動くことを考えましょう。

さぁ、貴方の望みは何ですか?書き出してみましょう。

望みを叶えるために、望みや目標を書き出した方が良いかどうか、私個人の意見としては、書いても書かなくても、結論は同じだと思います。

でも、書き出すことで、頭の中だけで考えるよりも、言葉として具体的で洗練されると思います。言葉によるイメージってとても大切です。

自分の言葉で表現された望みを思っただけで、貴方が幸せを感じることが出来れば、そしてそれを毎日繰り返すことが出来れば、貴方は確実に幸せに近づいています。

広告を非表示にする

感情コントロールの必要性

幸せになるために、感情をコントロールすることが必要です。何故かと言うと、幸せになるためには、今、幸せを感じている必要があるからです。

出来るだけ長い間気分が良い状態であるためには、幸せとは関係ないことで怒ったり悩んだりする無駄を無くしたほうが良いのです。

ですから、感情をコントロールすれば幸せになれるのではなく、気分を良い状態にするために感情をコントロールするのです。

この場合、その感情の根本原因は解消されませんが、そのことを考えるエネルギーを使わずに、気分が良くなることに集中できるなら、それにこしたことはありません。

くどいようですが、感情をコントロールすること自体に価値があるのではなく、幸せな気分でいるための手段の一つとして、負の感情をコントロールする必要があるのです。

幸せの相乗効果

昨日、『今日私を幸せな気分してくれたこと』を思い出して、このブログに書き出してみました。

ひとつひとつはとても些細なことでしたが、思い出しながら『今日も一日幸せだったなぁ』って気分で眠りにつくことができました。

その効果でしょうか、とても素敵な夢をみました。今年になって二度目ですが、私の今年の目標にしていることが達成された夢です。

その目標が達成できた時の感情を、夢の中で先に体験することができたのですが、改めてこの目標が達成できると私はこんなに幸せを感じることができるんだと思いました。

夢から覚めた今朝は、とても気分がよく、お通じもよくて(笑)、とても爽快でした。

この目標については、常に頭の中にあり、行動もおこしていることですから、夢にみることは当たり前なのかもしれませんが、毎日夢に出てくる訳ではありません。

昨夜がいつもと違ったのは、今の幸せを感じながら眠りにつけたことでした。もしかすると、先に幸せな気分に意識的になってしまうと、色々な相乗効果があることを証明したのかもしれません。

ですから、これからは昨日見た夢が実現するかなぁ~って思い悩まず、夢を見ただけでも、私はこんなに幸せなんだと解釈することにしました。

この方法が有効かどうか、暫く実験してみようと思います。

広告を非表示にする

私を幸せにしてくれたこと

今日、私を幸せな気分にしてくれたことです。

1. 何もしていないのに体重が減っていた。

2. 新商品のパンが期待以上に美味しかった。

3. 朝、ヘアスタイルがキマった。

4. 湯船に浸かって『気持ちいい』って思った。

皆様に公表することでもなかったですね。(笑)

日々の些細なことに対して『幸せだなぁ』って感じることを積み重ねていくことが、幸せの第一歩になると思います。

はじめに戻る

幸せの探究を始めてから、紆余曲折あり、順調だったり不調だったり、何となくバタバタしていますが、ここでもう一度、はじめに戻ってみることにします。

幸せになるにはまず、現状の中で少しでも幸せを感じるようにします。自分で自分を良い気分にしてあげるのです。

これは意識していないと、なかなか出来ません。毎日幸せな気分で眠りにつくことを意識してみましょう。明日の会議のシュミレーションをしている場合ではありません。(笑)

心配なことがあっても、今解決出来ないことは悩まないで、良い気分になれることに集中する。難しいと思いますが、まずはそこからはじめましょう。

広告を非表示にする