比べないと言われても

毎日、幸せについて探究しています。

仲の良かった高校のクラスメートと、飲み会をやることになりました。男女共学でしたので、男子もいます。

さて、どうしましょう。同級生ということは、全員同い年です。(当たり前です) 制服姿と異なり、その人の容姿は、高校を卒業してからの生き方が現れていると思います。

私の姿は、皆にどう見られるのかな。

他人と比較していると、幸せになれないと言いますが、自分の存在は他者があるから分かると思うのです。

『私は貴方と違って、こうですよ』は良いけど、『妬まない』『競わない』という精神状態が大切なんだと思います。

元来、私の脳は男っぽいので、あまり、女子の目は気にならないんですけどね。男子の目は気になります。(笑)

幸せはコントロールできる

毎日、幸せについて探究しています。

ポジティブ心理学によると、幸福の約40%は、自発的にコントロールできるのだそうです。

ということは、幸せになろうと意識をすれば、かなりの割合で幸せになれるということです。

幸せは筋肉と同じで、鍛えようと意図してトレーニングをすれば、確実に鍛えることができます。

逆に、一度ついた筋肉が、全く鍛えなくなれば、プヨプヨの脂肪になってしまうように、一度幸せになっても、永遠に幸せな訳ではないのです。

幸せになると意図し、毎日、自発的に努力をすれば、かなりの割合で幸せでいられます。

毎日の探究は、無駄ではないのですね。

情報を実行してみる

毎日、幸せについて探究しています。

私は恥ずかしながら便秘症です。以前は、お薬に頼っていたのですが、それでは体に良くないと思い、お薬に頼らないようにしようと決心しました。

私が実行したのは、まずカミングアウトすることです。雑談の中に『実は私~』ということで、いろいろな人に話してみました。

すると、私が話した人の全てが、いろいろな知恵を持っていて、情報を提供して下さるのです。

次に私は、この集まった情報の中から、実行できそうなものを、全て実行してみました。

やってみて、私には効かなかったものが多いのですが、このようにやっていけば、いつか素晴らしい運命の出会いがあると信じています。

今回、私が言いたいのは、私の便秘の解消法ではありません(笑)。このことを通して、問題の解消法は、全てこのようにするのだということがわかったということです。

最初に問題が何かを認識する。次に問題の解決方法を探してみる。そして、その見つかった方法が有効か試してみる。それがダメなら他の方法をやってみる。そして、いずれ問題は解消される。

情報は引き寄せるだけでなく、実行してみることが、とても大切だと思います。

自分の為の幸せになる方法

毎日、幸せについて探究しています。

幸せを感じるというのは、精神の状態が良好なのだということです。

幸せという精神状態は、何かをしている時の充実した状態と、感情的に穏やかであったり心地良かったりする状態の二種類あります。

充実した状態は努力が伴う何かをしなくてはいけませんが、心地良い体験は、気軽にできます。

湯船に浸かる、好きな香りに包まれる、美味しいものを頂く、その他いろいろ。

自分がどうすれば心地良いか分かっていたら、それを毎日の習慣・儀式・ルーティンにしてしまいましょう。やらなきゃって言うのではなく、いつも自然にやるようにするのです。

あと、自分が負の感情にあるなと思った時に、気持ちを切り替えることができる方法を見つけておきましょう。

お気に入りのDVD 、元気になる音楽、没頭できる本。

このようにして、自分がいつも幸せでいる方法を分かっていれば、何かがあっても、負の感情を長引かせにくくなりますよ。

好きなことを仕事にする

毎日、幸せについて探究しています。

私は以前『好きなことを仕事にする』ということに、とても懐疑的でした。『好きなことをしているだけじゃ、良い生活は出来ない』って思い込んでいたのでしょう。

今は、信じてみようかなって思います。自分のやりたいことが、ちゃんと分かり始めたからでしょう。

では、好きなことを仕事にするには、何から始めましょうか。

いきなり今の仕事を辞めるのではなく、まずは、自分のやりたいことリストに書いて、適切な時期が来るのを待ちます。

それが本当に好きなことなら、余暇時間にやって、お金にならなくても幸せなはずです。そして、それがやがて収入になるのです。

収入の目処がついてから、今の仕事を辞めたっていいじゃないですか。後は、タイミングを逃さないってことでしょう。

幸せだと、瞑想する必要がないのか

毎日、幸せについて探究しています。

このところ、幸せのネタばかりを探しているので、当然のように、幸せなことしか考えていません。そのせいか、負の感情を引きずらなくなりました。

全く感じない訳ではないのですが、寝る時もそのことが頭を占めてしまうということがなくなりました。

以前は、負の感情をいだいてしまうと、長い間イライラしてしまい、眠れなくなってしまいました。

ですから、イライラすることを止めるために、瞑想をしようと思っていました。

でも、イライラしている時って、雑念だらけで、瞑想どころではありません。瞑想できないことに、またイライラしてしまいます。

今は、感情が穏やかになったので、すぐに眠ることができます。気を静める必要がないので、瞑想をしようとも思わなくなりました。

幸せになる為に瞑想が必要だと言われますが、幸せになってしまうと、必要ないのかもしれません。

何かに貢献する

毎日、幸せについて探究しています。

P .ドラッカー自己実現論に、個人が組織の成果にどのように貢献出来るかを考える、とあります。

ん~私の努力は会社の為か?って考えてしまいます。でも、仕事って何かに貢献するためにするのですよね。ましてや、お金をいただいている場合は尚更です。

仕事について考える時は、その『何かに貢献する』という姿勢は大切だと思います。

自分の行動に目的意識を持つことの重要性が分かってから、よりこの事が府に落ちるようになりました。

例えば、私がこのブログを書くのは、細やかですが私なりに目的があるのです。

その目的と、自分にとっての充実感や楽しさが融合すると、良い仕事が出来るのです。

まずは、自分が何かに貢献するという意識を持ってみましょう。

広告を非表示にする