読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの種類

幸せには2種類あります。

1つめは、何かから与えられる幸せ。結婚だったり、試験に合格したり、宝くじに当たったり等、何かの出来事がもたらす幸せや、家や車を手に入れた時に得られる幸せがこれにあたります。大きな幸せって感じです。

もう1つは、日々感じる些細な幸せ。言い換えると、100%不幸ではない状態の中にある小さな幸せ。

この二つ目の幸せは、自分から感じないと、なかなか感じることが出来ません。また、この幸せを感じることが出来ないと、貴方はどんなに素敵な出来事があっても、幸せが長続きすることがありません。

『こんなことで私は満足出来ない!』って思っていると、大きな幸せに出会うこともないでしょう。

広告を非表示にする

私らしくある

人生で起こる出来事や出会う人は、その後の人生に何らかの影響を与えます。

それがとても些細なことであったとしても、影響が小さいとは限りません。

今週は色々なことがありました。でも、もう振り返らずに前に進みます。私は私らしくありたいと思います。落ち込んでばかりはいられません。

嫌な出来事も不愉快な人も、私の人生において無かったことには出来ませんが、そのことを出来るだけ考えないようにして、私の人生に与える影響を小さくすることは出来るでしょう。

以前と同じように、私が幸せになることだけを考え、不愉快な人には出来るだけ関わらないようにします。

まずは感情を落ち着かせ、私らしくいることに集中します。以前の私のままではなくなりましたが、ハンドルを少しだけ動かして、軌道修正します。

当たり前だと思っていた私の価値観が、少し変わったと思います。

広告を非表示にする

少しづつ上る

今日は以前から楽しみにしていた日でした。ショックな出来事があったので、出掛けることが億劫でしたが、予定通りにすることにしました。

出掛けたことで、すぐに幸せが戻った訳ではありませんでしたが、本来の私らしさを思い出しました。

幸せの探究を始めてから、前に進んでいれば、今より幸せになると単純に思っていました。

でも、人生はそんなに簡単ではなかったのですね。

今回の教訓は、確実に上っていても、落とされることはあり、落ちてしまっても、そこから立ち直って、また足を踏み出すことが、とても大切だということです。

幸せになる過程は、一直線ではありません。もし、今これを読んでくださっている方で、幸せを実感できない方がいられたら、私と一緒に、少しづつ上っていきましょう。何度でも、何度でも。

広告を非表示にする

再び上りはじめる

まだ精神的には落ち込んだ状態です。そんなに簡単に幸せを感じることは出来ません。

でも、落ちるのはここまでにして、少しでも、足を踏み出そうと思えるまでには回復しました。

人生は下りのエスカレーターを上るようなものだとイメージすると、ショックな出来事があるまで私がいた位置から、今の私はかなり下にきてしまいました。これから再び自分の足で上り始めなくてはなりません。

しかし、これから私が目指す方向は、以前いた場所ではなく、少しだけ角度が違った方向に修正されました。同じ高さまでたどり着いても、以前とは見える景色が違うでしょう。

このように、人生は上ったり下ったりしながら、少しづつ高さや角度を変えて進んでいくものなんですね。

広告を非表示にする

ショックの後始末

昨日のショックな出来事に対する精神的なダメージを、どのように扱うか考えています。

幸せになるには『良い気分でいる』とか『希望を持つ』とか言っておきながら、本当に落ち込んだ時には、そのことがとても難しいことなんだってわかりました。

では、どうするか。ショックな出来事に対する精神的な対応策として以下のことを思い付きました。

1.ドップリその感情にひたり、そんな自分も受容する。(私にはとても苦しい気がします)

2.出来事の解釈を幸せなことに換える。(出来るかなぁ~)

3.出来事から何かを学ぶ。(気持ちを切り替えるということかな)

4.ただ、今自分が生きていることに感謝する。(そんなに達観してないなぁ)

5.出来るだけ、別のことを考えるか、瞑想して何も考えない。(私には無理)

ん~どれも難しいですね。でも、今私は、このブログを書くことで、その出来事から何かを学ぼうとしているんだと思います。

私は、その出来事を『幸福探究のための事例のひとつ』と捉えることとしてみます。

精神的なダメージは、出来るだけ小さくしておき、自分に合った立ち直り方を見つける必要があると思います。

広告を非表示にする

幸せの試練

幸せの探究をしていて、毎日幸せになることに集中しているのですが、見えない力が、私に試練を与えました。

今日与えられた試練を、不幸と思わないように、今、頑張っています。

本当だったら、今日は幸福探究のブログなんか、書いている場合ではないのですが、書くことで耐えられるか、今探っているのです。

自分の今の気持ちに、素直に向き合います。

広告を非表示にする

幸せの感性

毎日幸せでいようと決心したので、毎日幸せでいるために努力しています、っというか、悪戦苦闘しております。(笑)

自分がどういうことをしていれば良い気分でいられるのか、どう考えればウキウキするのか、はたまた何を食べれば罪悪感が少ないかとか。

考えてみたら、これって言葉を話さない赤ちゃんの気持ちを探っている時に似てますね。

自分のことなのに『こっちか?』『それとも、こっち?』って根気よく色々と試してみるのです。その時によって答えが違うでしょうから。

今幸せになるために、まずは自分に問いかけてみましょう。

『今すぐ幸せになるために、私は今何をすれば良いか』

その答えを感じとる感性が、とても大切です。

広告を非表示にする