読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と幸せのバランス

幸せの探究をはじめてから、いろいろな変化がありました。一番変わったのは、仕事のストレスが減ったことでしょうか。

以前の私は仕事が終わって帰宅しても、休日出かけていても、頭の中で仕事のことばかり考えていました。寝ていても仕事に追われる夢を見ていて、朝からぐったりしていました。

そんな私でしたが、今は勤務時間外は仕事のことを考えないでいられます。

どうしたかというと、私の場合は、勤務時間外に仕事のことを考えていることが、自分にとって害があることだということを理性で理解することに集中しました。

私にとって、仕事が出来ないと思われることが一番の屈辱でしたので、常に抜かりがあってはいけないと緊張していました。そしてそのことが、社会人として良いことだという価値観でいました。

その凝り固まった価値観を『幸せになるには、今幸せだと感じること』という価値観に変更したのです。

私にとって今の仕事は、直接幸せを感じさせてくれるものではないことを知ることで、仕事と幸せになることのバランスのとりかたが、知性で理解できたということです。