読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の中と外

同じ職場に長く勤めていると、自分しか知らない(と思っている)仕事というものがあったりします。

そのことは、その職場での自分の存在価値としては良いのかもしれません。でも、そのことが何か新しいことを始めるうえでの足かせになってしまったりします。

たとえば、会社側に退職の意向を伝えたら、引き留められもせず、あきらかに優秀ではない人が後任に決まったとします。その時、貴方はどう思いますか?

私は『自分がしてきた仕事の評価はこんなものか』って思うのでしょうね。(笑)

本来、自分が望む新しい仕事が始められる訳だから、後任なんてどーだって良いはずですよね。

『新しい仕事がしたい』と表面上は思っているのですが、心のどこかでそうは思っておらず、ブレーキをかけてしまうのです。

新しいことを始める時は、心の中と外を一致させる必要があると思います。

広告を非表示にする