負荷が軽く感じる時

幸せの探究をしていると、『人生は、下りのエスカレーターを上るようなもの』と感じることが多々あります。

何も足を踏み出さないと、現状維持どころか、次第に下降していきます。

駆け上がって息切れしていたら、元の場所より下がってしまいます。今いるところの足下だけを見て、地道に、そして確実に上っていかなくてはなりません。

そのエスカレーターを上る時に足に感じる負荷の具合が、日によって違うということに、最近、気づきました。

エクササイズマシンのように、凄く軽い時と、ひどく重い時があるのです。軽い時はリズムよく上れ、重い時は疲れてしまいます。

私は、今日はとても軽く感じました。テンションがハイだったかもしれません。こういう日は、後から急降下させられます。『調子にのるな!』って。

今のところ何もありませんが、眠るまでに気持ちを落ち着かせるため、今から瞑想をします。