未来への目の向け方

人生は下りのエスカレーターを上るようなものだと思っています。

過去を振り返ったり、まだ見えない未来に不安を持つことは無意味なことで、今確実に見える自分の足下と少し先だけを見据えて足を踏み出すことが大切だと思っています。

何故、未来を少し先までしか想定しないのか。

人生には予期せぬことがおこります。計画や期待どおりにいかないことは、往々にしてあります。完璧な未来予想は、直ぐに誤差が生じてしまい、なかなか上手くいきません。

では、未来をどのように捉えれば良いのでしょうか。

人は常に、足を踏み出す方向を、自分で選択しなければなりません。未来を見据えるとは、その足を踏み出す為の大体の方角という位に捉えたら良いのではないでしょうか。

やりたいことがあるならば、暇になったらやろうとか、定年してからにしようとか思わずに、今そのやりたいことが出来ないか考えてみましょう。

未来とは、決して先伸ばしの為の場所ではありません。