読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽な人生と幸せな人生

幸福探究Lab. では、現在私を使って幸せについて実験中です。ここでまた、新たな仮説が浮上しました。

それは、『楽な人生と幸せな人生は違う』ということです。

私の中で、幸せを定義する時に、楽な人生と混同しているということに気付きました。

逆の言い方をすると、『苦労、努力』を『不幸せ』と同義語と見なしていたのです。

楽な人生とは、何かを成し遂げる為の努力は一切せず、ただ目の前にある選択肢の中で、一番楽なものを選び続けるということでしょうか。

収入を得るための仕事もせず、結婚もせず、家族や友人を含む誰とも親密な関係を持たなければ、楽は楽でしょうね。(私が努力が必要だと思っていることです(笑))

でもこれって幸せではないですよね。

それは、幸せの定義の中に『達成感を得ること』ということが含まれているということでしょう。

ですから、自分の価値観に基づいた意思によることを前提とすれば、何かを成し遂げる為の努力は、どんなにそれが辛いことであっても、決して不幸なことではないということです。例え、その努力の結果が望んだことではなくても。

ですから、幸せを探究する時は、楽なことばかりを追い求めてはいけないということです。