本来の自分のモデルを探す

毎日、幸せについて探究しています。

昨日『自分に正直に生きることが出来るか、今はまだ不安だ』と書きました。

どうすれば、その不安な気持ちから、一歩踏み出せるか、今日はそのことについて、考えてみました。

まず、本来の自分がどういう人間なのかを知る。その時は、職業をイメージするというよりは、生き方をイメージしてみる。

そして、そのイメージに近い人を自分のモデルとして探す。身近な人の中に理想の人がいればそれでもいいのですが、あまり身近だと、イヤなところも目につき、気になってしまいますので、お薦めしません。

私は本を書かれている人の中から探しました。他に映画やテレビドラマの登場人物でも良いかもしれません。

モデルとして相応しいのは、自分が共感できる人であること。性格だとか、年齢だとか、ライフスタイルだとか。

成功している人だからといって、自分の性格とかけ離れた性格の人であったら、モデルにはなりません。

以前、コンピューターの仕事は田舎でも出来るので、地方に移住したという人の本を読みました。

私のイメージする本来の私は、都会でお洒落に生活することなので、その人は私のモデルにはなりません。

自分のことをよく知って、本来の自分をイメージできるモデルがいれば、『自分にもできる!』という自信がつくと思います。

いかがでしょうか。