やりたくないことは、やらない?

毎日、幸せについて探究しています。

『幸せになる為には、自分が本当にやりたいことをやり、やりたくないことは、やらなくて良い』

という見解があります。

果たして、そうなのでしょうか?


私が今の生活で『やだなぁ~』と思うことは、家族の為に早起きして、食事の支度をすることです。

まぁ、苦痛という程のものではありませんが、やらなくて済むなら、やりたくはないですよね。

でも、この『やりたくないこと』を止めて、私は幸せになれるのでしょうか?

そのことを考えていると、私にとっての『幸せとは何か』という問いが浮上してきます。

これはあくまでも私見ですが、幸せとは、単なる快楽ではなく、もっと『やりがい』や『満足感』『達成感』の意味合いが強いと思います。

私は当初、この『早起きして食事の支度をする』という行動の動機は、私の『役割』からくる『義務感』かと思っていました。

では、その義務から解放されて、この行動をやらなくなったら、私は幸せを感じるのでしょうか。ただやらないと『後ろめたい』からやめられないのでしょうか。

そうではないと思います。

この行動から、私は『やりがい』や『充足感』を得ているのです。家族の為にというだけでなく、自分の為でもあるのです。

自覚はしていなかったのですが、私の価値観の中に、『規則正しい生活』とか『健康的な食事』というのがあるのですね。

以前にも書きましたが、幸せになるには、自分のことをよく知るだけではなく、自分の取り扱い方を知ることも大切です。

幸福論や成功本に書かれていることを、丸ごと試しても、貴方が幸せになれるとは限りません。