幸せとは関係無い行動?

毎日、幸せについて探究しています。

今日も仮説の検証をしています。

今日考えていたのは、その行動は私にとって『目標達成の為の行動』か、それとも『穏やかな生活の為の行動』かということです。

例えば、私が今している『ブログを書く』という行動は、私にとっては『目標達成の為の行動』です。楽しいですけど、努力も必要ですし、私なりに目標もあるからです。

仕事についても『目標達成の為の行動』でしょうか。多少の制約の中で、自分にできる努力はします。仕事とはそのようなものだと思っています。

ところで、自分の中でよくわからなかったのは、『食事の支度をする』とか『洗濯物をたたむ』とかの所謂家事の位置付けです。

家事をすることに幸せを感じられる人もいらっしゃると思うのですが、今の私は『やらなければ、いけないこと』という位置付けです。

さて、これはどうしたら良いのでしょう? 強引にでも幸せを感じるようにするべきか? それとも、『幸せとは関係無い行動』というカテゴリーを作るのか?

でも、もしかすると、この『幸せとは関係無い行動』が多いから、不幸ではないけど、幸せとは言えない状態なのかもしれません。

改善策としては、この行動を減らすか、それとも、その行動にも幸せを感じるようにするか、さもなければ、目標を設定して、日々達成感を得るか。

何となく、日々達成感を得ることが私にはむいていますかね。

ではこれからは、出来るだけ惰性でやらないように、目標意識を持ってするようにします。