何もないことが幸せなのか

毎日、幸せについて探究しています。

『ただ、何となく生きている』というのは、幸せなのでしょうか。

自分が不快だと思うことはせず、苦手な他人とは関わらない。何かに情熱を傾けることもなく、感情の起伏もない。

出家しても、こうはいかないですよね。山奥で仙人のように生活すれば良いのかな。

ただ、こんな生活がしたいと思う人もいるでしょうが、私には無理でしょうね。喋らずにはいられないでしょうから。

『幸せになるには』を考える時、『不幸せになること』を排除しているだけではいけません。生きていたら『何か』は必ずおきます。

何かがおきた時に、自分がどう反応・対応するかが、幸せになるには大切なんだと思います。