欲しいものがある場所へ行く

毎日、幸せについて探究しています。

幸せになるためには、まず自分が幸せになるために欲しいものが分からなければいけません。

明確な目標と言ったら少し大袈裟ですけど、何かに向かって行動しなければいけないのに、何処に向かって踏み出したら良いか分からなければ、動くことが出来ません。

今日、食事をしていて思い付いたのは (いつも食べていると思いつくのですが)、『中華料理店』に『和食のメニュー』は無いということです。

探すべき場所を間違えない為には、欲しいものが何か分かっていなければいけないのです。お寿司が食べたいのに、ラーメン店に行っても、仕方ないのです。

お腹を満たす為に、何でもいいやっていう選択を続けていると、ど~でもいい人生になってしまいますよ。