幸せであること

毎日、幸せについて探究しています。

幸せは『幸せになる』ではなく、『幸せである』ことだと思います。

何かを手に入れたり、何かになったり、何かを達成したら『幸せになる』のではない、ということです。

オリンピック選手が、人生の全てを掛けて世界新記録を出したとしても、本当に幸せなのは一瞬です。

次の瞬間から追われる者の不安に襲われますし、直ぐに記録を塗り替えられてしまえば、また始めからやり直しです。

何かを達成することは、幸せには大切なことですが、それだけで幸せにはなれません。

『未来への期待や希望』は、何かを始めるきっかけや、何かを継続する力にはなります。

でも、例え達成出来なくても、そこまでの過程も『楽しく、喜んで』いれば、幸せなんじゃないかなって思います。

オリンピック選手を例えにして、少し大袈裟になりましたが、私が『オーラ美人』になれなくても、綺麗になることを毎日楽しんでいますよ、って伝えたかっただけなのです。(笑)