転機がないと人生は変わらない?

毎日、幸せについて探究しています。

私は健康な人間なのですが、もし健康診断の結果、癌が見つかって、余命6ヵ月とかって言われたら、どうしようかと考えてみました。

人生の期限が決められてしまうと、必死になって、するべきことをするのでしょうか。何が必要で、何が不要か。誰と過ごしたいかとか。

仕事も、よく役者さんが『舞台の上で死にたい』とかって言いますよね。私は『オフィスで死にたい』とは思わないので(笑)、今の仕事は、本当にやりたいことではないのでしょうね。

人は何か人生に重大な転機があってはじめて、自分の人生を真剣に考えるのでしょう。でも、それでは遅いかもしれません。

幸せに生きたいと思うなら、何もない今から、真剣に考えてみましょう。私達の内なる賢者は、既にいろいろな答えを知っていて、的確に問いかければ、ちゃんと答えてくれるはずです。

後は、それに従う勇気があるかどうかです。自分自身の事なのに、何故簡単に従えないのでしょうかね。人生の転機という『強制』が必要なのですかね。