意志と行動と結果

毎日、幸せについて探求しています。

 

幸せになりたいからと、神様にお祈りしたり、神社に参拝したり、高額な壺を買ったりしても、幸せにはなりません。

 

幸せになるには、まず『私は幸せになる』という『意志』が必要です。その意志というのは、自分で自分の人生を管理しているという実感です。

 

幸せは、決して神様の思し召しではありません。自分の意志で幸せになるのです。

 

と、ここまでは今までも分かっていたのですが、今日、新たに分かったことがあります。

 

それは、

 

『幸せになるには、幸せになるための行動をしなければならない』

 

ということです。まぁ、当たり前なんですけどね。

 

バレンタインデーの今日、『片想いの人には、何かアプローチしなければ、気づいてもらえないんだろうなぁ』っていう思考をしていて気づきました。(自分のことではありませんよ(笑))

 

その『アプローチ』は、片想いの人に気づいてもらうための行動でなくてはなりません。いくら自分磨きに励んでも、相手は気づいてもくれませんよ。宝くじに当たりたければ、宝くじを買わなければいけないのです。

 

結果として幸せになりたければ、幸せになるための行動をしなければならないということです。

 

今日は、この『幸せになるための行動』を最近していないなぁと反省しました。不快な感情を取り除く行動だけに片寄っていました。

 

幸せという『結果』になるには、まず、自分の力で幸せになるという『意志』があって、その『意志』に従って、幸せになるための『行動』をしなければならないということです。