世の中の変化に対応するには

毎日、幸せについて探求しています。

 

ダーウィンの進化論によると、最も生き残ることが出来るのは、環境の変化に順応できるものということです。

 

つまり、環境は常に変化するということです。世の中も、人生も同じです。20年前に花形だった職業は、今でも花形な訳ではないのです。

 

諸行無常』ってことですかね。

 

そんな、変化する世の中に対応するにはどうすれば良いのか?

 

私がこのことに考えを巡らせている時、まず思いついたのは、『変化に負けない確固たる自分を持つ』ということでした。

 

でも、これだと環境の変化に順応は出来なくて、かえって不幸になることに気がつきました。

 

それなら、容れ物が変わっても形をかえる『水』のようなものになるほうが、良いのではないか。

 

でも『水』も、灼熱のもとでは、気化してしまい、氷河期がくれば凍ります。これでも生き残っているけど、ちょっと違うか。

 

では、なにか。それは『無』なのではないか、と思いました。自分もその移ろいゆく世の中の一部になれれば良いのかと。

 

でも、どうすればそうなれるのかは、まだわかりません。これから検証が必要です。