自分の感覚を信じる

毎日、幸せについて探求しています。

 

何かを始める時は『これ面白そうだな』とかいう感覚を信じたほうが上手くいくと思います。

 

例えば何かを学ぼうとするときは、『就職に有利な資格だから』とか『誰かに勧められて』とかだと、自分はちっとも面白くないでしょうね。

 

知人に資格マニアがいて、何のためにそんなに資格をとるのかたずねると、『もし失業しても、資格があれば次の就職が楽だから』って言っていました。

 

ん~本当にそうなのかなぁ。自分がやりたい仕事のための勉強ならいいけど、不安からくる行動は、楽しくないと思うのですけど。

 

自分の感覚って、案外正しいと思います。琴線にふれるって感じ。

 

あまり頭で考え過ぎずに、直感を信じてみましょう。