なるようになる

毎日、幸せについて探求しています。

 

老子は、

『大象を執りて天下に往けば、往くとして害せられず、安平太なり。』(道を信じて生きれば、問題が起きず、安らかで平穏である。)

と言っています。

 

道を信じるとは、あるがままにまかせるとか、自然に委ねるとか、作為的なことをしないというような意味です。

 

老子は、大きな波風の無い、平凡な人生が理想だと言っています。

 

人生には上手くいかないことがあるのは当たり前で、何かあっても、心穏やかに過ごせるようになることを良しとします。

 

また、自分から無理に行動して、問題を大きくせずに、『なるようになる』と心を括ってしまった方が、万事上手くいくと言うのです。

 

私は悪あがきをしまくってましたけどね。これからは、『なるようになる』と心穏やかに生きていきます。