自然に委ねる

毎日、幸せについて探求しています。

 

自分は幸せになる為に一生懸命やっているのに、予期せぬことって必ずおこります。

 

脇目もふらず、がむしゃらにやっている時に限ってそんなことになるので、『なんでぇ~』って感じになります。

 

こういう時、老子は『無為自然』と言います。

 

無理に作為的なことせず、自然の流れに委ねるということです。

 

老子は何もしなくて良いとは言っていなくて、無理なことや、作為的なことをしてはいけないと言うのです。

 

がむしゃらになってやることは、そこに余裕がなく、無理があるのでしょうね。

 

『この仕事は、私の力でなんとかしなければ』

 

私は、よくこのように考えてしまいます。これを責任感が強いと自負していましたが、ある意味『執着』なんでしょうね。

 

『流れに逆らわない』

『自然に委ねる』

 

老子の言う幸せは、こういうことなのかもしれません。