頑張り過ぎない

毎日、幸せについて探求しています。

 

私が一番恐れているのは『無能な人と見下されること』です。この恐怖から逃れる為に、毎日頑張っているのだと思います。

 

『変わった人』や『偉そうな人』と思われるのは、まぁ仕方ないのですが(笑)、『無能な人』はどうしてもダメなんです。

 

でも老子は、頑張ることを良しとしません。流れに逆らわない、弱くて柔らかい水のような生き方が良いと言います。そして、謙虚である人が理想だとします。

 

そうなんですよね。いくら職場で『優秀な人』と思われても、ちょっと出世するくらいで、いつまで経っても満足できず、幸せにはなれないのです。

 

だからと言って、適当に仕事をするっていうのも出来ないし、キャリアを諦めることも出来ないし。難しいなぁ~。

 

まぁ、あまり頑張り過ぎないってことなんでしょうね。