タオ的な生き方を探る

毎日、幸せについて探求しています。

 

このところ『老子』についての本を読んでいます。『老子』が説く『道』を中国語の発音で『タオ』と言い、この『道に従って生きる』ことを、私は『タオ的な生き方』と言うことにします。

 

老子に関する本は、『老子』の内容が抽象的なので、解釈の仕方は著者それぞれで、さらに超訳なるものは、原文からは離れています。

 

でも、それで良いのです。

 

そもそも『道』は感じるものであって、言葉には出来ないのです。私は学者ではないので、一語づつ『この言葉の解釈は』とか『この先生はこう解釈しているのに、この先生は違うぞ』とか考えたりしません。(してるか(笑))

 

なので、出来るだけいろいろな先生の本を読み比べています。

 

あっ、いけない。

 

老子はこの『比べる』『比較』『評価』を良しとしません。比べることで葛藤が起きるのです。(だそうです)

 

私はまず、物事の本質を見て、全てを受け入れることからスタートです。