『~しない』は難しい

毎日、幸せについて探求しています。

 

老子の教えは『~しなさい』『~をする』というものではなく、どちらかというと『~しない』『~しすぎない』という感じです。

 

何もしない怠慢を奨励している訳ではなく、『ほどほどに』とか『やり過ぎないように』という忠告が多いです。

 

なので、いざタオ的な生き方をしようとすると、さあ何をしようかってなってしまいます。

 

『~をしましょう』『~をすれば幸せになれる』と言ってもらった方が、目標としては有難いのです。もしかするとそれは、私が指示されたことを忠実にやるタイプの人間だからですかね。

 

それだけではなく、私は『~をしたら、幸せになれる』と、行動の見返りを期待しています。これも、老子に言わせると、徳のない人間と言うことになってしまいます。

 

何かをする時、何かの結果を期待するのは当たり前だと思うのですが、老子には怒られてしまいそうです。

 

さて、タオ的な生き方を始めるには、私は何から手をつけましょうか。