継続する弱い力が大事

毎日、幸せについて探求しています。

 

このところ『仕事辞めたいなぁ~モード』になっているので、老子の言葉が心の支えになっています。人間、弱っている時には特に、老子の言葉が効きます。

 

今日、私が心に留めた老子の言葉は、『弱は道の用なり。』というもの。弱いことが大事だということでしょうか。

 

老子は柔らかくて弱いものを良しとします。弱いものが本当は一番強いと。

 

弱い力であっても、絶え間なく継続していれば、何かを成し遂げることが出来るのです。それも、何かを成し遂げようと意図せず、結果を期待しないでおこなうのです。

 

これに気づいた時、私は早急に結果を求め過ぎているなぁと思いました。

 

そうですね。地道にコツコツやることが楽しいと思えることが仕事だと、本当に幸せなんですね。