承認欲求について

毎日、幸せについて探求しています。

 

自分のことを皆に評価してもらいたい、このことを『承認欲求』と言います。

 

私の仕事での行動の大半は、この『承認欲求』から導き出されています。仕事だと、評価されたいと思うのは当たり前かもしれませんけどね。

 

でも、この『承認欲求』が強いと、とても疲れます。それは、その思考と行動に作為があるからです。老子は、この作為的なことを良しとしません。

 

では、何故私はこの『承認欲求』が強いのでしょうか。

 

それは、私が自分で自分のことを評価していないということです。自分で評価出来ないから、誰かに評価してもらいたいのです。

 

さらに、私が自分で自分を評価出来ないのは、自分の存在意義をきちんと認めていないからです。

 

そ~か、そこから始めのないと、いけないのですね。

 

まずは、自分のことをよく知り、自分の存在意義を認めることが大切なのですね。