感情と思考 どっちが先?

毎日、幸せについて探求しています。

 

出来事に対する人間の反応として、感情・思考・行動があります。

 

反応の結果の順番として、行動が最後なのは分かります。例え無意識の瞬間的な行動だとしても、『刺激→行動』と直結はせずに、刺激の後に何らかの感情や思考があるはずです。

 

では、感情と思考の順番は?

 

この場合、感情をどう定義するかが問題になります。感情も『動物的な直感』から『価値観に基づく、怒りや恨み』のようなものまであります。

 

例えば、ホテルで就寝中に火災が発生したとします。まず動物的な直感の感情は恐怖です。そして、逃げろと思考し、行動します。瞬間的な危機に対する反応は、こんな感じです。

 

但し、この出来事に対する反応は、他の動物だったらこれで終わりですが、人間はまだまだ続きます。

 

焼けてしまった所持品に対する喪失感。ホテルに対する怒りや恨み。精神的なショックによる後遺症。

 

この時の感情は、その人の思考の結果による感情のように思います。

 

ということは、感情に一次なもの(動物的な反応)と二次以降のもの(思考の結果)があり、ある程度コントロールできるのは、二次以降の感情だということでしょうか。