行動の結果を期待しない

毎日、幸せを修練しています。

 

昨日は、凄く幸せなことと、期待はずれなことと入り交じった一日でした。

 

よく考えてみると、この両方の根本は同じことで、その時の私がどう受け止めたかの些細な違いなのかもしれません。

 

例えば、宝くじは買わなければ当たらないし、買ったところで、どんなに祈っても大抵ハズレるものです。買わなければ『当たるかもしれないという期待』が裏切られることもありません。

 

また、誰かにメールをした場合、期待どおりの良い返事が来て嬉しい場合もありますが、返事すら返ってこないということもあります。

 

何かの思いがあって行動するときは、その行動の結果まではコントロールできないことを、はじめから分かっていれば楽なのかもしれません。