三角形の頂点を目指す

毎日、幸せを修練しています。

 

久しぶりに小林正観さんの本を読み直してみました。

 

本を所有しているメリットは、思いたった時に、こうやって読み返すことができることです。

 

そして、何度も読んでいるはずなのに、以前は気にも止めなかったことを発見したりする感動があります。

 

今回改めて気づかされたのは、人との出逢いについて。

 

以下、私が自分の為の備忘録として書くので、分かりにくい点はご了承ください。

 

三角形の底辺中央に自分がいるイメージをする。人間関係における自分のエネルギーは、常に頂点に向かうようにしなければならない。特定の人に気に入られようと横にエネルギーを使うのは無駄。常に頂点を目指していれば、相手が自分に近づいてくる。

 

まぁこんな感じ。なるほど。